トップへ戻る

カテゴリーから探す 水産物

カテゴリーから探す 水産物

カサゴの仲間

他のカテゴリーを見る

  • アジの仲間
  • サバ・カツオの仲間
  • タイの仲間
  • クエの仲間
  • カサゴの仲間

農産品TOP

  • イカ・タコの仲間
  • 魚その他
  • 海老・蟹・貝類
  • その他海産品
品種フサカサゴ科 品目カサゴ
水揚時期1月~12月

年間を通して水揚げされますが高価で、武骨な面構えから江戸時代、端午の節句の祝魚として用いられました。非常に上品な味わいでクセがなく、だし、旨味があるので汁物にして非常に美味です。御前崎ではテトラポットからの穴釣りが釣り人に人気があります。

品種フサカサゴ科 品目アヤメカサゴ
水揚時期1月~12月

市場での呼び名:もみじ 
カサゴとよく似ていますが、体色の橙色が強く、体側には黄色の模様が入ります。煮付けや鍋にすると美味しい出汁がでます。塩焼き、唐揚げなども美味。

品種フサカサゴ科 品目オニカサゴ
水揚時期1月~12月

市場での呼び名:おこぜ 
面構えが鬼のようでトゲが多いのが特徴です。旬は夏から秋。非常に濃厚な出汁がとれるので、味噌汁や鍋、ブイヤベースなどに最適です。

品種フサカサゴ科 品目ウッカリカサゴ
水揚時期1月~12月

市場での呼び名:はち 
カサゴによく似ていますが、上半分の斑紋は多くはっきりしていて褐色に縁取られるのが特徴です。鍋や煮付け、塩焼きが美味です。

品種フサカサゴ科 品目ユメカサゴ
水揚時期1月~12月

市場での呼び名:のどぐろ
エラ蓋の裏あたりから隅でも塗ったように黒く、御前崎の市場では「のどぐろ」と呼ばれます。体長25センチ前後で背びれには鋭いトゲがあり、深海でも見える大きな目が特徴です。淡白な白身ですが、脂のりが良く、煮付けは絶品です。

品種フサカサゴ科 品目メバル
水揚時期1月~12月

メバルといっても、シロメバル、アカメバル、クロメバルの3種があります。名前のとおり目が大きい白身魚で、煮付けや唐揚げに適しています。

品種フサカサゴ科 品目ウスメバル
水揚時期1月~12月

カサゴの仲間で、日本中でとれる代表的な近海魚です。非常に上質な白身で、身離れがよくクセがないため、煮魚の定番魚として人気の魚です。

品種フサカサゴ科 品目クロメバル
水揚時期1月~12月

アカメバルやシロメバルと同様に、春告魚といわれることも多く、旬は春とされます。岩礁域に生息し、磯や防波堤でよく釣れる魚です。

品種フサカサゴ科 品目ムラソイ
水揚時期1月~12月

市場での呼び名:どうぶん 
沿岸の浅い岩礁域に生息し、塩焼きや煮付け、鍋物やみそ汁にしても美味です。カサともに根魚釣りの対象としても人気があります。

品種フサカサゴ科 品目アコウダイ
水揚時期4月~7月

高級な鍋物材料にすることが多いようですが、極めて美味しい魚で、煮付けにすると絶品です。深海魚で、漁で水面に浮いて来た時に減圧で目玉が飛び出るため「目抜け」とも呼ばれます。