トップへ戻る

カテゴリーから探す 水産物

カテゴリーから探す 水産物

海老・蟹・貝類

他のカテゴリーを見る

  • アジの仲間
  • サバ・カツオの仲間
  • タイの仲間
  • クエの仲間
  • カサゴの仲間

農産品TOP

  • イカ・タコの仲間
  • 魚その他
  • 海老・蟹・貝類
  • その他海産品
品種イセエビ科 品目伊勢海老
水揚時期9月~5月

伊豆や榛南地域の岩礁地帯に生息しています。御前崎では秋から春にかけて漁が行われ、活きたままのエビを全国各地に出荷しています。伊勢海老は冬の高級食材で、ぷりぷりの甘い身は、生でも焼いても楽しむことができます。


【テレビ静岡】御前崎おいしい図鑑 伊勢海老

品種クモガニ科 品目タカアシガニ
水揚時期9月~5月

御前崎ではメンガニと(面蟹)と呼び、甲羅に恐ろしい顔を描き魔除けとして飾る習慣があります。脚を広げると4メートル近くになる世界最大のカニです。頭部は小さく、脚は細く華奢です。

品種ガザミ科 品目ノコギリガザミ
水揚時期9月~5月

市場での呼び名:どうまん 
はさみが大きく、ワタリガニ類の中で最大最強ともいわれます。濃厚な甘味があり、とくに浜名湖産のものは「どうまんがに」と書かれ、各地では高値で売られています。浜名湖では、平成元年から稚ガニの放流を実施しています。

品種ガザミ科 品目ガザミ
水揚時期9月~5月

ワタリガニとも呼ばれます。
ミソや卵巣の濃厚な旨みと甘みがずば抜けており、味噌汁やパスタにすると濃厚なコクが出ます。素揚げも美味です。

品種アサヒガニ科 品目アサヒガニ
水揚時期9月~5月

茹でていないのに赤色で、ハサミはスパナのような形をしていて、変わっています。胴体の部分を食べるカニで、肉厚で甘みがあります。

品種ミミガイ科 品目メガイアワビ
水揚時期1月~12月

クロアワビより少し身質が柔らかく、食感さえ望まなければ生でも火を通しても旨い貝です。値段の安さを考えると魅力的な食材です。

品種ミミガイ科 品目クロアワビ
水揚時期1月~12月

アワビの中でも最高級といわれます。肉厚で、特大のものになると、1キロ体長20センチにもなるものもいます。身が引き締まっているので、刺身では歯ごたえを楽しめます。

品種サザエ科 品目サザエ
水揚時期1月~12月

殻ごと焼いた壺焼きは磯の香りがふんだんに楽しめます。コリコリとした食感を味わうなら、お刺身でどうぞ。酒蒸しや、小さなものは煮ても美味です。

品種マルスダレガイ科 品目ハタミ
水揚時期3月~6月

マイナーな貝ですが、浜でのハタミ捕りは春から初夏にかけての遠州地方の風物詩みたいなものです。暑くなると貝毒を持ちます。

品種マルスダレガイ科 品目ハマグリ
水揚時期3月~6月

祝い事に用いられることが多く、ひな祭りにかかせないのがハマグリのお吸い物です。大きいものは焼いても美味しく、酒蒸しもおすすめです。